スバル

新型アウトバックのマイナーチェンジ、年次改良予想!2024年までのB型、C型、D型の変更点をズバリ予想

スバルのクロスオーバーSUVのレガシィアウトバックのマイナーチェンジ/年次改良に関する最新情報と現時点で予想出来る内容を本記事でお伝えします。

この記事では、

  • 2022年~2023年の年次改良予想
  • 2024年以降のビッグマイナーチェンジ予想

この2点をお伝えします。

特にビッグマイナーチェンジでは、進化したアイサイトXの搭載が期待できるじょうきょうなので注目です。

※知ってますか?

最近新車の納期って長いですよね・・・

半年どころか1年以上待ちもめずらしくありません。

正直、手っ取り早く欲しい車を買うなら未使用車、展示車、ディーラー試乗車を狙うのがオススメです。

特に未使用車は新車同様の車両を格安でスグ買えるとあってかなりお買い得。

そんな未使用車等の販売情報を探すならば希望の車を探せるこちらの無料サービスを使うのがおすすめです。

未使用車の販売情報を探すならこちら

展示車、試乗車等を探すならこちら

新型アウトバックの年次改良(2022~2023)の予想変更点

新型アウトバックは、2022年にB型、2023年にC型へと年次改良される見通しですが、どのような変更が期待できるのか見ていきましょう。

デジタルインナーミラーのオプション設定

新型アウトバックには、レヴォーグに採用されているデジタルインナーミラーの設定がありません。

アウトバックはレヴォーグよりも車格が上という事を考えると、今後の年次改良でルームミラーのオプションにデジタルインナーミラーが設定

オートビークルホールド(AVH)のボタン追加

新型アウトバックではオートビークルホールド(AVH)の機能をオンにするには、ナビモニターから操作する方式へ変更されています。

先代アウトバックではAHVの物理ボタンを一押しするだけで作動していたため、ナビモニターにて複数回のタッチ操作が必要な現行タイプの方法の改善を期待するユーザーは少なくありません。

それゆえ年次改良にて

  • AVH用の物理ボタンの設置
  • ワンタッチで作動可能に出来るようにナビ画面のバージョンアップ

等といった利便性の高い改良が行われると予想。

Limitedの内装にアイボリー色のシート採用

先代アウトバックではB型の年次改良にて、Limitedモデルに本革仕様のアイボリー色の内装が追加されました。

今回の新型アウトバックでも同様に年次改良のタイミングでアイボリー内装追加と予想。

FA24 2.4Lターボエンジン搭載のアウトバックSTI Sportモデル追加

日本仕様の新型アウトバックには現行型レヴォーグとほぼ同様の1.8L水平対向4気筒ターボエンジン(CB18型)が搭載されています。

現行型レヴォーグでは、発売から約1年後の年次改良にて新開発の2.4L水平対向4気筒直噴ターボエンジン(FA24型)を搭載したハイパフォーマンスモデル「STI Sport R」されています。

これを考えると、新型アウトバックにも年次改良にてFA24型2.4Lターボエンジン搭載の「アウトバックSTI Sport」のラインナップと予想

次に、2024年頃のビッグマイナーチェンジで予想出来る変更点を解説します。

新型アウトバック マイナーチェンジ予想変更点!2024年のD型では先進装備拡充の可能性

トリプルカメラを備えた次世代アイサイト搭載の可能性

今後アイサイトは、ステレオカメラに新たな単眼カメラを追加したトリプルカメラのタイプへ進化する可能性が取り沙汰されています。

アイサイトに第3のカメラ追加は、2022~2023年にデビューする見通しの次期XVから採用されることが有力視されている状況。

次期スバルXV フルモデルチェンジ最新情報&予想!2022~2023年アイサイトXやTHS搭載の可能性はスバルのクロスオーバーSUVのXVのフルモデルチェンジに関する最新情報を紹介します。 結論から言うとXVのフルモデルチェンジは早く...

これを踏まえると、アウトバックもマイナーチェンジのタイミングにて第3のカメラが追加された新世代アイサイトが設定されると予想できます。

アイサイトXも進化!高速道路等でレベル2以上の自動運転システムへ

スバルの新中期経営ビジョン”STEP”では、2024年に高速道路等でレベル2以上の自動運転技術へ進化させる目標であることが掲げられています

現在のアイサイトXでは、50km/h以下でハンズフリーの機能が使えますが、この進化によってハンズフリー可能な速度が全車速になる等の機能向上が予想できます

アウトバックは2024年頃にD型へマイナーチェンジする可能性があるだけに、この進化したアイサイトXの搭載にも期待できそうです。

自動駐車やパノラミックビューモニター搭載

上でご紹介した新中期経営ビジョン”STEP”の資料では2024年に自動駐車(レベル4)を実用化させる目標であることも伺えます

自動駐車システムと言うと、トヨタのアドバンストパークのような機能だと予想出来ます。

自動駐車システム搭載となれば、空から360度見渡したような映像を確認できるトヨタのパノラミックビューモニターのような機能搭載もされるでしょう。

これを考えると、2024年頃のマイナーチェンジでアウトバックに自動駐車システムやパノラミックビューモニターの搭載も予想したい所。

以上が現時点で予想出来る内容となります。

おまけ

あなたが今乗っている車がいくらで売れるかご存じですか?

何も知らずに車下取りに出してしまうと、安く買い取られて大きく損する恐れがあります。

本来200万円で売れる価値があったのに、100万円で下取りされてしまうと100万円の損となってしまいますよね。

そうならないためにも、事前に愛車の現在の売却価値を知っておく必要があります。

例えば、200万人以上の利用実績があるこういった有名なサイトを使えばあなたの車が最高いくらで売れるのかをスグに調べられます。

完全無料で調べられるので、損をしないためにもあなたの車の最高買取額をチェックしてみませんか?

>>32秒でわかる!あなたの車を一番高く売るならこちら