スバル

スバル アセント最新情報!日本発売の動向や価格、エンジンスペック、外観・内装デザインを解説

スバルの新型SUVのアセントの最新情報を本記事ではお伝えします。

新型SUVアセントは、最新のプラットフォームSGPを搭載したフォレスター、アウトバックを上回る大型SUVとなり、かつて発売されていたトライベッカの実質新型モデルとも言える存在です。

日本発売はなく、2018年初夏に米国で発売されましたが、今回はそのスバルの新型の大型SUV「ASCENT(アセント)」の最新情報をお話します。

アセント ビッグマイナーチェンジは2022年春~夏か

2020年8月に海外のメディアにて、スバルの今後の新型車のロードマップがリークされたことが話題となりました。

しかしながら、現在海外サイトを確認するとその多くのリーク記事が削除されている状況です。

Twitter上では、そのロードマップのリーク画像をアップしている方がいるので興味のある方はこちらからお探しください。

ちなみに、そのリークされたとされるロードマップの画像には、アセントは2022年の春夏にビッグマイナーチェンジと記載されていました。

このことからアセントは2022年の春~夏に大型改良される可能性が高いと思われます。

スバルのモデルチェンジ最新情報!新車情報の予定・予想スケジュールスバル車のモデルチェンジに関する新車情報(新型車情報)の最新情報をこのページでは詳しく紹介します。 スバルの2020年新車発売スケジュ...

スバル アセントのコンセプトがこれだ!外観・内装デザイン

アセントのコンセプトに関する情報は以下の通りです。

スバル 新型SUV「アセント」誕生!ニューヨークオートショー2017でコンセプト公開

スバルが新規車種を発表するのは、レヴォーグ以来となります。

新型SUVの名称がついに「ASCENT(アセント)」に決まったわけです。

まずは、市販モデルに近いコンセプトカーの「SUBARU ASCENT SUV CONCEPT」が「2017年ニューヨーク国際オートショー」にて公開されたわけですが、そのデザインを見ていきましょう。

アセントコンセプトのエクステリア(外観)デザイン

こちらがアセントのエクステリアの画像になります。

スバルのデザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」を元に3列シートSUVとして堂々たるサイズ感を表現。

アセントconceptのボディサイズ

  • 全長5050mm
  • 全幅1990mm
  • 全高1840mm
  • ホイールベース2970mm

レガシィ以上に大型でワイルドなグリルデザイン。そして先代インプレッサの後期型を彷彿させるフォグランプ前のキバ状のメッキが目を惹きます。

サイドビューに関しては、アウトバックの上級モデルといった印象を受けるデザインに。

リアデザインは、新型インプレッサ、新型XVのコンセプト時と同系統のデザイン。また、アウトバックを上回る上級感が漂います。

アセントコンセプトのインテリア(内装)デザイン

こちらが、アセントコンセプトのインテリア(内装)の画像です。

あくまでコンセプトカーではあるものの、上質で次世代感が漂うスバル史上最高峰のデザインと言えるのではないでしょうか。

一つ気になったのが、コクピットがアウディのバーチャルコクピット風に見えるという所。

アセントは、スバルのフラグシップSUVになると言えるだけに、どこまで最新のテクノロジーが市販モデルで採用されるのか注目処。

次期レガシィ等でもこのようなデザインが採用されていくことが想定できますし、新型インプレッサ以降、スバル車の内装のクオリティの向上は凄まじいものを感じさせられます。

アセントコンセプトの公式動画

アセントコンセプトのスバル公式動画も公開されているので、是非一度ご覧下さい。

スバル アセントの市販モデルの最新情報!新型3列シートSUV登場

アセントの詳細情報は以下の通りとなります。

スバル アセントの外観・外装(エクステリア)デザイン

スバル アセントの外観(エクステリア)

ポイント

  • スバルのデザインアイデンティティ「ダイナミック&ソリッド」を活かしたフロントマスク
  • 6角形のフロントグリルは、レガシィと同テイストであり、これはフラグシップモデルに与えられるデザインと思われる
スバル アセントの外観(エクステリア)

ポイント

ヘッドライトにはスタイリッシュなコの字型ランプを採用

スバル アセントの外観(エクステリア)

ポイント

  • ウインド周り、ドアハンドル、サイドバンパーには、メッキバーを装備
  • ロングボディを活かしたダイナミックなスタイル
スバル アセントの外観(エクステリア)

ポイント

  • リアコンビランプの間をメッキバーが埋め込むようなデザインを採用
  • アセントは各部分にメッキパーツが採用されており、フラグシップらしさを表現

アセントのボディサイズ

・全長4,998mm

・全幅1,930mm

・全高1,819mm

スバル アセントの内装(インテリア)デザイン

スバル アセントの内装(インテリア)

ポイント

  • 5代目新型インプレッサと同テイストの内装デザインを採用
  • フラグシップSUVらしく質感高いデザインが特徴
スバル アセントの内装(インテリア)

ポイント

  • 6.5インチ・タッチスクリーンを採用
  • マルチメディア・システム「SUBARU STARLINK」を標準装備(「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応)
  • 上級グレードでは8インチバージョンを装備
スバル アセントの内装(インテリア)

ポイント

  • トリプルゾーン・エアコンを採用
  • 上級グレードには、革巻きステアリングホイール、レザーシート、プライバシーガラス、電動調節式ドライバーシート、フロントワイパーデアイサー、ヒーター内臓フロントシート等を装備
スバル アセントの内装(インテリア)

ポイント

  • 乗員数は8名。ただし、オプションにてキャプテンシートに変更する「7人乗り」も可能
  • 7人乗り仕様の2列目シートに2名掛けとなるキャプテンシートはスバル車初

最上級グレードには、

  • クロームの外装トリム
  • ウッドトリム
  • ベンチレーション機能内蔵フロントシート
  • 自動ワイパー
  • レザー張りインテリア(ジャワブラウン)
  • ヒーター内臓ステアリングホイール

等を装備。

スバル アセントのプラットフォームにSGP

新型SUVのアセントには、スバルの新世代プラットフォームSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が採用されます。

 大型SUVということで、SGPの限界範囲最大のボディサイズとなります。

スバル アセントのパワートレイン情報

スバル アセントのパワートレインには、新開発エンジンとなる「2.4リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジン(FA24型)」を搭載。

FA24型エンジンスペック性能

・最高出力:260hp

・最大トルク:38.3kgm

トランスミッション

アセントのトランスミッションは8速の変速ロジックが与えられたフル電子制御自動無段変速(CVT)「スポーツリニアトロニック」を採用。

ステアリングホイールにあるパドルにて8段のステップシフトが可能となっている。

スバル アセントの先進安全装備に「アイサイト」+「アイサイトアシストモニター」

スバル アセントの先進安全装備には、

  • アイサイト
  • アイサイトアシストモニター
  • ステアリング連動ヘッドランプ
  • ハイビームアシスト
  • 後退時自動ブレーキ
  • 後側方警戒支援システム

を採用。

日本で人気のアイサイトツーリングアシストは搭載されていない。

スバルアセントの日本発売はなし!代替車種は・・・

スバル アセントの日本発売は現時点ではありません。

日本では、ボディサイズのこと等を考えると需要が少なく、今後も可能性は低いと思われます。

しかしながら、ライバルのマツダに関しては、CX-9をベースにしたCX-8を日本発売させてヒットさせています。

このことから、日本のスバリストの間ではスバル版のCX-8ことミニアセント導入に期待が集まります。

今後予想できるのは、

  • アセントをベースにした日本向け大型SUV
  • レガシィアウトバックの3列シートモデル
  • フォレスターの3列シートモデル

のいずれかの発売といった所です。

スバル 新型トライベッカ実質復活

スバルは、以前、2005年に北米にて「スバル B9トライベッカ」という大型SUVを発売していました。

このトライベッカの名前の由来は、ニューヨーク市マンハッタン南西部のトライベッカ地区から名づけられています。

レガシィと基本プラットフォームは同様のものが用いられており、エンジンには、3000cc水平対向6気筒エンジンEZ30を搭載。

そして7人乗り3列シートが採用(5人乗り2列シートの設定もあり)されていました。

その後、ヨーロッパ、オーストラリア等でも展開し、2007年にはマイナーチェンジを実施して新しいフロントマスクに加え、エンジンを3600ccへ拡大させた新型エンジンEZ36を搭載しています。

そんなトライベッカは、日本でもレガシィアウトバックを上回る上級SUVとしての導入が期待されましたが、残念ながら、2014年1月に生産終了となり幻のSUVとさえ一部で言われる存在となってしまいました。

事の発端は「際立とう2020」

元々、トライベッカ後継SUVの登場が確実となったのは、2014年5月に発表された中期経営ビジョン「際立とう2020」でのことでした。

この「際立とう2020」の資料には、新商品追加の項目の2017年~2018年頃の部分に「北米 NEW SUV」の記載が。

%e9%9a%9b%e7%ab%8b%e3%81%a8%e3%81%862020

【出典:際立とう2020

現在、スバルのSUVは主力市場となる北米では、「アウトバック(日本名レガシィアウトバック)」、「フォレスター」、「クロストレック(日本名XV)」がラインナップされていますが、トライベッカがなくなって以来ラインナップされていない大型SUVがこの「北米 NEW SUV」に当てはまると見られていました。

アセントコンセプトの前にロサンゼルスモーターショー2016にてコンセプトカーを公開していた

アセントコンセプトの前身となるコンセプトカー「VIZIV-7 SUV CONCEPT」が公開されたのは、2016年11月18日(現地時間)に開催されているロサンゼルスモーターショーのことです。

<VIZIV-7 SUV CONCEPT>

viziv-7-suv-concept viziv-7-suv-concept2

「VIZIV-7 SUV CONCEPT」のボディサイズは全長5200×全幅2030×全高1860mm、ホイールベースが2990mm、タイヤサイズは265/55 R21。

この「VIZIV-7 SUV CONCEPT」についてスバルは以下の公式リリースを出していました。

このSUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPTは、スバルラインアップ上最大となるボディスタイルで、将来のスバル多人数SUVを提示しています。3列シートの全座席においてゆとりある室内空間を提供するボディサイズとスバル共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”を採用し、2018年にスバルが北米市場に導入予定の3列ミッドサイズSUVのサイズ感を表現します。

【出典:スバル公式リリース

これこそトライベッカ後継の新型の3列シートSUVと期待され、ついに2017年この「VIZIV-7 SUV CONCEPT」の市販モデルとなるアセントのコンセプトカーが登場することとなりました。

スバルアセントのライバルにはマツダCX-9とフォードエクスプローラーを想定か

実は、アセントのテストカーの撮影時に、テスカーと共に、マツダのCX-9とフォードのエクスプローラーが比較車両として映っていました。

これらの車種は共に全長5m、全幅1.9mを越えるビッグサイズの北米向けSUVであり、まさに比較車両としてはピッタリとも言える存在です。

<マツダCX-9のボディサイズ>

  • 全長5065mm
  • 全幅1930mm
  • 全高1728mm
  • ホイールベース2870mm

<フォードエクスプローラ―のボディサイズ>

  • 全長 5020mm
  • 全幅 2000mm
  • 全高 1805mm
  • ホイールベース 2860mm

ちなみに、マツダのCX-9については、2016年に10年ぶりにフルモデルチェンジされた3列シート7人乗りのSUV。

スバルとしては、アセントのライバル車種としては、新型CX-9が最も意識しているというのは間違いないと言えるでしょう。

アセントに関する続報が入れば、追ってお伝えします。

スバルのモデルチェンジ最新情報!新車情報の予定・予想スケジュールスバル車のモデルチェンジに関する新車情報(新型車情報)の最新情報をこのページでは詳しく紹介します。 スバルの2020年新車発売スケジュ...
おまけ

あなたが今乗っている車がいくらで売れるかご存じですか?

実は、車の買取相場をWEBでスグ見れるサービスがあります。

クルマの情報を入力すると概算価格がスグに分かるので今スグ結果を知りたい人にオススメです。

車買取相場が見れるのはココ


新型車をお得に安く買いたいという人は、未使用車、展示車、ディーラー試乗車を狙うのがオススメです。

特に未使用車は新車同様の車両を格安で買えるとあってかなりお買い得。

そんな未使用車等の販売情報を探すならば希望の車を探せるこちらの無料サービスを使うのがおすすめです。

未使用車の販売情報を探すならこちら