ホンダ

次期アコード フルモデルチェンジ最新情報!2023年に世代交代で日本でも発売の可能性

ホンダのアコードのフルモデルチェンジに関連する最新情報をこの記事ではピックアップ。

日本でアコードは、ホンダのセダンとして唯一販売されているモデルです。

フルモデルチェンジが近い次期アコードの最新情報と予想できる内容をお届けします。

【ホンダの新型車情報一覧はこちら】
>>ホンダのモデルチェンジ最新情報

次期アコード フルモデルチェンジ最新情報&予想

次期アコードのテストカーのリーク情報

次期アコードのテストカーと見られる車が海外にて目撃されています。

次期アコードの外観デザインが意匠登録

ブラジルで次期アコードと見られる特許画像が提出されています。

メッシュタイプに見えるフロントグリルと細長いヘッドライトは、米国で発表されている新型CR-Vに近いデザインになっていることが伺えます。

サイドビューは伸びやかなクーペスタイルのデザインを採用。

リアのテールライトは、新型ヴェゼルのように真ん中にホンダのCIエンブレムを挟む一文字風ライトになると思われます。

【参考】新型CR-V

次期アコードの変更点は新型CR-Vを参考に

次期アコードは、米国や中国で発表されている新型CR-Vに近い内容になると予想。

インテリアに関しては、新型CR-V同様にシビックと同意匠のデザインテイストになる可能性が高いと当サイトは予想。

新型CR-Vのインテリア

装備面では新型CR-Vに採用されている、

  • フルデジタル液晶メーター
  • 全方位安全運転支援システム「Honda SENSING 360」

が採用されると予想。

日本市場では、現行型同様ハイブリッド仕様の2.0リッターのe:HEVがメインになると予想します。

アコード フルモデルチェンジの時期は2023年が有力

次期アコードは、米国では2023年にデビューする見通しです。

日本市場では、現行モデルのアコードは、米国仕様よりも3年近く遅れて発売されたものの、同じような状況だったシビックが2021年に米国仕様とほぼ近いタイミングでフルモデルチェンジをしてラグを解消しています。

日本の現行アコードは2022年内に生産終了するという情報も一部で取りざたされており、これはシビックのように、2023年に米国仕様と歩調を合わせてフルモデルチェンジする可能性を期待できるかもしれません。

新型アコードの最新情報が入れば追ってお伝えします。

ホンダのモデルチェンジ最新情報!新車情報の予定スケジュール&予想情報ホンダの新型情報(新型車情報)やモデルチェンジに関する最新情報をこのページでは詳しく紹介します。 ホンダの2022~2023年新車発売...

おまけ

あなたが今乗っている車がいくらで売れるかご存じですか?

何も知らずに車下取りに出してしまうと、安く買い取られて大きく損する恐れがあります。

本来200万円で売れる価値があったのに、100万円で下取りされてしまうと100万円の損となってしまいますよね。

そうならないためにも、事前に愛車の現在の売却価値を知っておく必要があります。

例えば、200万人以上の利用実績があるこういった有名なサイトを使えばあなたの車が最高いくらで売れるのかをスグに調べられます。

完全無料で調べられるので、損をしないためにもあなたの車の最高買取額をチェックしてみませんか?

>>32秒でわかる!あなたの車を一番高く売るならこちら