トヨタ

次期アルファード、ヴェルファイアのフルモデルチェンジ情報!2023年型の予想変更点

トヨタの高級ミニバンの次期アルファードと次期ヴェルファイアの最新情報を本記事にてお伝えします。

結論から言うとアルファードのフルモデルチェンジは2023年に実施の見通し。

また廃止と思われたヴェルファイアもまさかの継続の可能性も浮上しています。

それぞれの詳しい情報を見ていきましょう。

【トヨタの新型車情報はこちら】
>>トヨタのモデルチェンジ最新情報
>>プリウスのフルモデルチェンジ最新情報

次期アルファード/次期ヴェルファイアのフルモデルチェンジ最新情報

次期アルファードにミニバン用のTNGAプラットフォーム採用

GA-Cプラットフォームをベースとしたミニバン用のTNGAシャーシが新型ヴォクシー・ノアに引き続き、次期アルファードにも採用される見通しです。

V6エンジンの代わりに直4 2.4Lターボエンジン採用へ

次期型のアルファードには、新型レクサスNXやクラウンクロスオーバーに採用されたT24型直4の2.4Lターボの搭載が有力。

このダウンサイジングターボとなる2.4ターボモデルは、現行の3.5L V6エンジン搭載モデルにとって代わる存在となりそうです。

メインは直4の2.5Lのハイブリッド&ガソリンモデルの見通し

2.4Lターボモデル以外には、ダイナミックフォースエンジンのA25A型 直4 2.5Lエンジンを採用したハイブリッドモデルとNAガソリンモデルのラインナップが有力。

また、新型ヴォクシー、ノアでは第5世代となる新型ハイブリッドシステムへ進化したTHSが初搭載されましたが、次期アルファードでも新世代THSの搭載を期待できそうです。

先進安全装備にアドバンストパークやトヨタセーフティセンス3.0、アドバンストドライブ

次期アルファードには新型ヴォクシーで採用された

  • トヨタセーフティセンス3.0
  • 自動駐車機能のアドバンストパーク
  • 渋滞時の40km/h以下に手放し運転が可能となるアドバンストドライブ

といった最新の先進安全装備を搭載する可能性は高いです。

フラグシップミニバンということを考えると、アドバンストドライブの機能がMIRAIやLEXUS LS並みのものが搭載されることに期待したい所。

ヴェルファイアは廃止か存続か情報錯綜

ヴェルファイアに関してはモデルチェンジを機に廃止してアルファードへの統合が有力視されています。

しかしながら一部メディアではヴェルファイア存続の可能性も取りざたされている為、今後廃止か存続かについては情報が錯綜している状況です。

次期アルファードをベースに次期レクサスLM登場へ

海外では現行アルファードをベースとしたレクサスLMが販売されていますが、次期アルファードをベースとした次期レクサスLMが日本導入される可能性が取りざたされています。

レクサスLMの最新情報

次期アルファードの発売時期は2023年春~夏が有力|2022年から延期

アルファード・ヴェルファイアがフルモデルチェンジする時期は2023年の春~夏の時期が有力です。

次期アルファード、次期ヴェルファイアの最新情報が入れば追ってお伝えします。

トヨタのモデルチェンジ最新情報!新車情報の予定スケジュール&予想情報【2022年11月版】トヨタ自動車のモデルチェンジに関する新車情報(新型車情報)の最新情報をこのページでは詳しく紹介します。 トヨタ 2022,2023年以...
現行型のマイナーチェンジ情報

新型アルファード、ヴェルファイアのマイナーチェンジ情報!変更点紹介

【追加情報】2018年11月に一部改良

トヨタ新型アルファード

2018年10月25日にアルファードとヴェルファイアの一部改良が実施されました。

その変更点としては、

  • インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)を全グレードに標準装備
  • ナビゲーションとセットオプションにしていたブラインドスポットモニター(BSM)を、デジタルインナーミラーとの組み合わせ変更

という内容になります。
ここからは、2018年1月のビッグマイナーチェンジ情報を記載します。

新型アルファード、ヴェルファイア外観(エクステリア)デザインの変更点

こちらがマイナーチェンジ後の新型アルファードと新型ヴェルファイアの外装画像になります。

アルファード(マイナーチェンジ後)

マイナーチェンジしたアルファード
マイナーチェンジしたアルファード
マイナーチェンジしたアルファード
マイナーチェンジしたアルファード

ヴェルファイア(マイナーチェンジ後)

マイナーチェンジしたヴェルファイア
マイナーチェンジしたヴェルファイア
マイナーチェンジしたヴェルファイア
マイナーチェンジしたヴェルファイア

アルファードとヴェルファイアのマイナーチェンジ後のエクステリア(外観)デザインの変更点は以下の通り。

  • グリル
  • バンパー
  • 17インチのアルミホイールのデザイン
  • テールランプ

全体的には、クールでモダンなイメージがより進化したデザインに。

LEDシーケンシャルウインカー(流れるウインカー)搭載

アルファード、ヴェルファイアにもマイナーチェンジでこのLEDシーケンシャルウインカー搭載がメーカーオプションとして設定されることになります。

新ボディカラー

ボディカラーとしては、

  • スティールブロンドメタリック
  • グラファイトメタリック
  • ダークレッドマイカメタリック(エアロ専用)

の3つの新カラーが追加。(全てで7色をラインナップ)

その反面、

  • シルバーメタリック
  • グレーメタリック
  • グレイッシュブルーマイカメタリック

については廃止されました。

エアロボディに新グレード追加

エアログレードに関しては、

  • ExecutiveLoungeグレードをエアロボディ(GAS,HV)に追加
  • Zグレードをエアロボディ(HV)に追加
  • エアロボディ(GASグレード)からZAグレードを廃止

という内容に変更されます。

インテリア(内装)デザインの変更点

内装(インテリア)デザイン

内装デザインに関しても改良が行われ、より高級感ある室内空間へと進化することとなります。

変更点は主に以下の通り。

  • 合成皮革については、ファブリック+合成皮革だったものから、サイド材に採用されていた合成皮革を全面採用へ変更(V,ZA-G,Z-G,ZRグレード)
  • ExecutiveLoungeグレードに関してはセミアニリン本革からプレミアムナッパ本革へ変更
  • ExecutiveLoungeグレード、エアロボディにメーカーオプションとしてホワイトレザータイプが新設定

その他、木目調パネルのデザインが変更されより質感高いデザインとなります。

アルファード/ヴェルファイア マイナーチェンジの目玉!第2世代トヨタセーフティセンス搭載

今回のマイナーチェンジの最大の注目ポイントとしては、第2世代トヨタセーフティセンスがトヨタ車で初搭載されるという所です。

トヨタセーフティセンスには、簡易タイプのCと、上級タイプのPが存在しますが、新型アルファードと新型ヴェルファイアにはより進化したトヨタセーフティセンスが全車標準搭載されています。

第2世代トヨタセーフティセンスにの内容に関しては、日産のプロパイロット対抗とも言える内容であり、様々な内容がパワーアップされているので要注目です。

アルファード/ヴェルファイア マイナーチェンジでさらなる先進装備追加へ

また、第2世代TSSだけでなく、新型アルファードとヴェルファイアの先進装備はさらに充実することとなります。

その内容としては、以下のものとなります。

  • インテリジェントパーキングアシスト2に機能追加(巻き込み警報機能+バックガイドモニター機能+音声案内機能付)
  • 電子インナーミラー、ブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラート、ITS Connectを搭載

おまけ

あなたが今乗っている車がいくらで売れるかご存じですか?

何も知らずに車下取りに出してしまうと、安く買い取られて大きく損する恐れがあります。

本来200万円で売れる価値があったのに、100万円で下取りされてしまうと100万円の損となってしまいますよね。

そうならないためにも、事前に愛車の現在の売却価値を知っておく必要があります。

例えば、200万人以上の利用実績があるこういった有名なサイトを使えばあなたの車が最高いくらで売れるのかをスグに調べられます。

完全無料で調べられるので、損をしないためにもあなたの車の最高買取額をチェックしてみませんか?

>>32秒でわかる!あなたの車を一番高く売るならこちら