トヨタ

次期シエンタ フルモデルチェンジは2022年夏頃!デザインは原点回帰か

トヨタの新型シエンタのモデルチェンジに関する最新情報を本記事で記載します。

2022年にフルモデルチェンジで3代目となる次期シエンタの情報までご覧ください。

※知ってますか?

最近新車の納期って長いですよね・・・

半年どころか1年以上待ちもめずらしくありません。

正直、手っ取り早く欲しい車を買うなら未使用車、展示車、ディーラー試乗車を狙うのがオススメです。

特に未使用車は新車同様の車両を格安でスグ買えるとあってかなりお買い得。

そんな未使用車等の販売情報を探すならば希望の車を探せるこちらの無料サービスを使うのがおすすめです。

未使用車の販売情報を探すならこちら

展示車、試乗車等を探すならこちら

次期シエンタ フルモデルチェンジ最新情報

次期シエンタのプラットフォームはアクアのTNGA-Bをベースに活用

現行型シエンタは、アクアのGA-Bプラットフォームをベースに5ナンバーサイズの小型ミニバン向けへと仕立てられる可能性が取り沙汰されています。

アクアと同じ「GA-Bプラットフォーム」ながら、ホイールベースは拡大される見通し。

次期シエンタのエンジンは1.5LのM15A型エンジンの可能性

次期シエンタの搭載エンジンとして可能性が高いのがTNGA世代となる1.5リッターエンジンとなるM15A型エンジン

このM15A型エンジンは新型ヤリスに搭載されており、現行シエンタが先代ヴィッツと同じNZエンジンを活用していたのと同様に、次期シエンタも新型ヤリスと同じM15A型エンジンの採用が有力。

次期シエンタのハイブリッドシステム|バイポーラ型ニッケル水素電池採用の可能性も

次期シエンタのハイブリッドシステムについては、アクア同様に直列3気筒M15A-FXE型1.5リッター ダイナミックフォースエンジンとリダクション機構付きのTHS IIハイブリッドシステムが活用されたものになる可能性が考えられる。

さらに、バッテリーにもアクアに採用されたバイポーラ型ニッケル水素電池を活用する可能性も。

次期シエンタの外観デザインは原点回帰か

次期シエンタの外観デザインは、ボンネット部分が水平のような形であったり、丸味のあるルーフやリアコンビランプがピラー部分なる等、初代シエンタに近いデザインになる可能性が有力となっています。

次期シエンタはトヨタセーフティセンス最新版やアドバンストパーク搭載

フルモデルチェンジで注目なのが最新式のトヨタセーフティセンスの搭載です。

トヨタセーフティセンスの最新版は、2021年に発売した新型ノア・ヴォクシーに採用されているものになります。

発売時期を考えると、次期シエンタには新型ノア・ヴォクシー同様の新世代トヨタセーフティセンスが採用の可能性が高いと推測。

また、高度駐車支援システム「アドバンストパーク 」がヤリスやアクア、ノアヴォクシーに搭載されたことから次期シエンタにも展開される可能性は高いと思われます。

次期シエンタの発売時期は2022年8月頃が有力

次期シエンタは2022年8月頃のフルモデルチェンジが有力となっています。

次期シエンタの最新情報が入れば追ってお伝えします。

シエンタ これまでのマイナーチェンジ情報

新型シエンタ マイナーチェンジ後の外観(エクステリア)デザイン変更点

フロントグリルのデザインや、フロントバンパー形状、ラジエターグリルを変更。

グリルの形に関しては、やや横に広がったマイナーチェンジしたアクアに近いスタイルに。

また、ヘッドライトとリアコンビランプデザイン、ホイールキャップの変更も行われています。

新型シエンタは、全体的に世界観として「Fun & Active」、「斬新・スポーティさ」を継承しながらも質感が向上した形となります。

シエンタ マイナーチェンジ前後の画像比較

マイナーチェンジ前
マイナーチェンジ後
マイナーチェンジ前
マイナーチェンジ後

大きく変更となったのは、フロントグリであり、その他はわずかな変更のため、デザインの印象は変わりません。

ちなみに近年装備が増えている「流れるウインカー」ことシーケンシャルターンランプについては搭載されませんでした。

新型シエンタにツートンカラーを新設定

出典:トヨタ公式サイト

新型シエンタのボディーカラーには、全6色のツートンカラーモデルも新たに設定。

モノトーンに関しては、新規設定色ベージュ等を含む全10色が設定されています。

新型シエンタ マイナーチェンジ後のボディサイズ

新型シエンタのボディサイズは、

  • 全長4,260㎜
  • 全幅1,695㎜
  • 全高1,675㎜

となり、マイナーチェンジ前よりも全長が25㎜拡大されています。

新型シエンタ マイナーチェンジ後の内装(インテリア)デザイン

新型シエンタの内装

トヨタ新型シエンタの内装(インテリア)デザインは、ほぼ変更はありません。

シエンタ G“Cueroをカタロググレードに昇格

2017年8月に発売された特別仕様車 G“Cueroは、マイナーチェンジを機に最上位モデル(3列シートのみ)としてカタロググレードになりました。

新型シエンタ マイナーチェンジで5人乗り2列シートモデル追加!車中泊も可能に

今回のマイナーチェンジの注目ポイントとなるのが、2列シート5人乗りモデルが発売されるという所です。

3列シート目のない2列シートモデルは、最大荷室長2065mmの大容量ラゲッジとなり、車中泊も可能なスペースとなりました。

また、26インチのマウンテンバイク2台の積載も可能となっています。

そして、ユーティリティホール9個を左右のデッキサイドに設置させ、販売店装着オプションのユーティリティフックやシステムバーと組み合わせることで、さまざまなアクティビティ用途に対応した荷室の使い方ができるようになります。

この5人乗りモデルは、2WDタイプのガソリン・ハイブリッド車に設定されます。

トヨタ新型シエンタのプラットフォーム

トヨタ新型シエンタのプラットフォームは、

  • フロント:トヨタBプラットフォーム
  • リヤ:トヨタMCプラットフォームを低床化した物

を採用という形は変わりません。

あくまでマイナーチェンジの為、TNGAプラットフォームは次のフルモデルチェンジまでお預けとなる見通しです。

トヨタ新型シエンタのパワートレイン

トヨタ シエンタ

トヨタ新型シエンタはブリッドのパワートレインは、1.5L1NZ-FXE型エンジン改良して

  • 燃焼効率向上
  • 低フリクション化
  • 制御ユニット部分

等の改良が有力です。

全体的には、1.5LNAエンジンの(1NZ-FXE型,2NR-FKE型,1NZ-FE型)+CVTという形は継続。

また駆動方式に関しても、ハイブリッドに4WDのE-Four採用は現時点ではありません。

トヨタ新型シエンタのエンジンスペック

新型シエンタのエンジンスペックは以下の通りです。

ハイブリッドモデル

  • エンジン型式:1NZ-FXE
  • エンジン最高出力:54kW(74PS)/4,800r.p.m.
  • エンジン最大トルク:111N・m(11.3kgf・m)/3,600~4,400r.p.m.
  • モーター最高出力:45kW(61PS)
  • モーター最大トルク:169N・m(17.2kgf・m)

ガソリンモデル

  • エンジン型式:2NR-FKE
  • 最高出力:80kW(109PS)/6,000r.p.m.
  • 最大トルク:136N・m(13.9kgf・m)/4,400r.p.m.

新型シエンタ マイナーチェンジ後の燃費性能

トヨタ新型シエンタハイブリッドの燃費性能は、ヴィッツやアクアのマイナーチェンジで改良された内容同様に、MC前の27.2km/Lから若干向上。

ハイブリッドモデルは28.8km/Lまで向上しています。

トヨタ新型シエンタの先進安全装備

トヨタ シエンタ

トヨタ新型シエンタの先進安全装備には、トヨタセーフティセンスが搭載。

ただ、第2世代トヨタセーフティセンスではなく、アクアの2018年のマイナーチェンジ搭載されている実質「Toyota Safety Sense C」の自動ブレーキ歩行者検知対応したシステムの搭載となります。

新型シエンタのToyota Safety Senseの内容

プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

道路上の先行車や歩行者(昼間)をレーザーレーダーと単眼カメラで検出。一定の条件にて衝突回避または被害軽減をサポートするシステム。

レーンディパーチャーアラート

道路上の白線(黄線)をセンサーで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報で知らせてくれる機能

オートマチックハイビーム

ハイビームとロービームを自動で切り替えて、夜間の歩行者などの早期発見をサポートする機能

これらに加えて、今回のマイナーチェンジでは「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」の採用も行われました。

また、オプションにて車両を上から見たような映像をナビゲーション画面に表示する「パノラミックビューモニター」も設定されています。

新型シエンタ スライドドアに予約ロック機能

新型シエンタ

さらに、快適装備としてスライドドアに予約ロック機能となる「パワースライドドア予約ロック機能」が搭載されました。

後席のドアの開閉によってシステム作動となる、日本初の後席への荷物の置き忘れを通知する「リヤシートリマインダー」も採用。

走行後に、車両を停車させてイグニッションをオフにすると、荷物置き忘れ防止の通知メッセージがマルチインフォメーションディスプレイに表示されるようになっています。

おまけ

あなたが今乗っている車がいくらで売れるかご存じですか?

何も知らずに車下取りに出してしまうと、安く買い取られて大きく損する恐れがあります。

本来200万円で売れる価値があったのに、100万円で下取りされてしまうと100万円の損となってしまいますよね。

そうならないためにも、事前に愛車の現在の売却価値を知っておく必要があります。

例えば、200万人以上の利用実績があるこういった有名なサイトを使えばあなたの車が最高いくらで売れるのかをスグに調べられます。

完全無料で調べられるので、損をしないためにもあなたの車の最高買取額をチェックしてみませんか?

>>32秒でわかる!あなたの車を一番高く売るならこちら