ホンダ

次期シビックハッチバック、セダンの最新情報!フルモデルチェンジは2021年。日本でセダン復活の可能性は?

ホンダの次期シビックハッチックと次期シビックセダンの最新情報を本記事では紹介します。

北米では早くも11代目へフルモデルチェンジされたデザインが公開されるなど、新世代のシビックについて徐々に明らかになってきました。

次期シビック フルモデルチェンジ後のデザインが明らかに

次期シビックセダンの外観デザイン

次期シビックセダンのデザインに関しては、2020年11月18日にワールドプレミアされました。

フロントバンパーはワイドに広がり、リアのコンビランプデザインは横長タイプとなるなど、ダイナミックでよりスポーティなエクステリアへと仕上げられています。

次期シビックセダンの内装デザイン

注目は、フルデジタルのドライバーズメータークラスターが採用されたこと。

ナビモニターに関しては9インチのものを採用。

次期シビックハッチバックの外観は特許意匠で判明

次期シビックハッチバックの外観については、意匠の特許画像が流出して以下のデザインになることが明らかとなっています。

フロントはセダンとほぼ同様のデザインですが、リアのテールライトが横一直線に繋がったデザインになっている所が次期シビックハッチバックならではの特徴となりそうです。

次期シビックのフルモデルチェンジ注目点

新型プラットフォーム「ホンダアーキテクチャー」採用

新プラットフォーム「ホンダアーキテクチャー」が新型シビックに採用される見通しです。

このことから次期シビックがホンダの新型プラットフォーム初採用車になる可能性が高いと予想。

次期シビックハッチバックの日本発売時期は2021年秋

日本仕様の現行型シビックハッチバックは英国工場にて生産されているものの、その英国工場は2021年内に閉鎖予定となっています。

日本仕様の次期シビックハッチバックは2021年秋に発売される予定です。

シビックセダンの日本復活の可能性はハイブリッドの存在に注目

日本仕様のシビックセダンは、2020年に販売を終了しています。

このことから次期モデルのセダンの日本導入があるのか注目所となりますが、その鍵となるのはハイブリッドの存在です。

なぜならば、現行型インサイトがシビックセダンをベースとした実質シビックハイブリッドとも言える存在だからです。

次期インサイトとの関係に注目

次期シビックにハイブリッドモデルが設定された場合、

  • インサイトを販売終了して次期シビックセダンハイブリッドを日本導入
  • 日本ではインサイトとシビックセダンを次期シビックハッチバックハイブリッドへ集約
  • 次期シビックハイブリッドをベースにした次期インサイトを日本発売

のいずれかのケースになる可能性を推測できます。

次期シビックにe:HEV等のハイブリッドシステムが採用されるかどうかがシビックセダンの日本復活の一つの注目ポイントとなると筆者は考えています。

次期シビックの最新情報が入れば追ってお伝えします。

ホンダのモデルチェンジ最新情報!新車情報の予定スケジュール&予想情報ホンダの新型情報(新型車情報)やモデルチェンジに関する最新情報をこのページでは詳しく紹介します。 ホンダの2021年新車発売スケジュー...
おまけ

あなたが今乗っている車がいくらで売れるかご存じですか?

実は、車の買取相場をWEBでスグ見れるサービスがあります。

クルマの情報を入力すると概算価格がスグに分かるので今スグ結果を知りたい人にオススメです。

車買取相場が見れるのはココ

新型車をお得に安く買いたいという人は、未使用車、展示車、ディーラー試乗車を狙うのがオススメです。

特に未使用車は新車同様の車両を格安で買えるとあってかなりお買い得。

そんな未使用車等の販売情報を探すならば希望の車を探せるこちらの無料サービスを使うのがおすすめです。

未使用車の販売情報を探すならこちら